活動紹介 − 市政情報議会報告

【16.04.24】太陽の城跡地(仮称川の駅)

コンベンション施設は公設民営かまたまたハコモノ?

  太陽の城跡地(仮称川の駅)に、ホテルとコンベンション施設を建てるための検討費用2410万円、平成28年度予算に付けられました。
民間ホテルの誘致計画がでてからはや5年。これまで民間ホテル事業者から具体的な話の進展はなかったことからすれば、必要性がない、採算がとれないということです。
また、コンベンション施設は公設民営も考えるということですが、岡崎市にコンベンション施設を作る必要や要求があるのでしょうか。採算や利用の見込みの不明なものにお金をつぎ込むことは、市長の、ハコモノ反対という公約にも反しています。
日本共産党市議団は「これ以上、市民の財産である乙川をコンクリート敷きにしたり、不要なハコモノを立てて景観を損ねたり、市民の税金を無駄遣いすべきではありません」ときっぱり意見を述べました。

※コンベンション施設とは
展示会や見本市、学者らが研究成果を発表したり、意見交換したりする学術会議、国内外の研究者が集う国際会議などを行うための施設

▲ このページの先頭にもどる

  • 日本共産党中央委員会
  • 日本共産党愛知県委員会
  • きまた昭子フェイスブックのページへ
  • 鈴木まさ子フェイスブックのページへ
  • 新免はるかフェイスブックのページへ