活動紹介 − 市政情報

【16.05.22】東岡崎周辺整備北東街区

6/1より参入事業者の受付開始

  東岡崎駅周辺整備で、旧吹矢駐車場跡地を定期借地で貸付け、民間事業者にビルの建設させて、駅前の活性化を図るという計画が進められています。
4月に事業者への説明会
5月に事業者からの質問受付と回答
6月から事業者の参加表明書類の受付
7月に応募書類受付
8月上旬プレゼンテーション、優先交渉権決定
というスケジュールです。

市民の要求や、街の活性化に寄与するか・・・
市が要求している導入機能は
「活力が生まれ、持続可能な魅力ある都市空間」で具体的に
・貸付期間は10年〜30年
・最寄り品(日常品)を扱う施設を含めた生活便利機能
・1400台以上の駐輪場
・明代橋公園整備
・ペデストリアンデッキへ接続
・帰宅困難者支援
・医療・福祉・教育関係のうち一つ
医療・福祉・教育施設を入れる理由は、乙川リバーフロント事業関連で、国の交付金を受けるためには、拠点施設として「医療、福祉、教育」に関わる施設が必要だからですが、採算面から考えれば、市民が求めている特別養護老人ホームや保育園はあまり望めません。
補助金だのみの事業ではなく、真に市民が必要としている要求から出発すべきです。

▲ このページの先頭にもどる

  • 日本共産党中央委員会
  • 日本共産党愛知県委員会
  • きまた昭子フェイスブックのページへ
  • 鈴木まさ子フェイスブックのページへ
  • 新免はるかフェイスブックのページへ