活動紹介 − 議会報告

【16.09.11】JR岡崎駅周辺の計画

東口に民間施設 西口に横断歩道

9月議会に提案されている議案に、JR岡崎駅周辺の整備にかかわる契約や補正予算があります。

◆交流拠点施設と30年間の定期借地契約
岡崎駅東口の6816屬髻奮堯縫▲ぁΕ吋ぁΕ吋い法交流拠点施設(コンベンションホール)として、1878屬鬮蠶娑羞設に駐輪場として30年間借地します。
借地料は固定資産評価額の5%を崔渦舛箸靴瞳遑横牽臼澆斑麥愍譴蓮。隠苅葦澆任后
不動産鑑定評価を使った場合は、崔渦腺牽隠葦漾蔽麥愍譴任錬僑苅葦漾砲箸覆蝓■械闇間で15億3千万円の差がでます。
地代を大幅に減額している理由は、民間事業者が国の補助金を受けるための条件であることがあります。

 

◆一般市民が憩える 公園に
駅前には喫茶店がなく駅利用者や住民がコーヒーを飲むところがありません。高級レストランということで、通常駅前にある喫茶店と同じような価格になるのか心配です。市は「まだ細かい内容は聞いていないが、高級感のある結婚式場であることから施設の内容にあった価格ではなか」と答えました。
コンベンションホールと合わせて公園のデザインは螢▲ぁΕ吋ぁΕ吋い行いました。
党市議団は「公園が結婚式場の一部となって一般利用者が利用できない状況にならないよう、地元の「出会いの駅おかざき協議会」との交流、参加など重視するよう意見を述べ、駐車場ついては有料(自転車月2000円、バイク月3000円)になることは駅からの距離が遠くなる上、有料になることは市民の利便を減じるものとして反対しました。

▲ このページの先頭にもどる

  • 日本共産党中央委員会
  • 日本共産党愛知県委員会
  • きまた昭子フェイスブックのページへ
  • 鈴木まさ子フェイスブックのページへ
  • 新免はるかフェイスブックのページへ