活動紹介 − お知らせ

【16.10.23】3議席の力生かして市民のための岡崎市議会に全力でがんばります

 

きまた昭子(8期目)

19名はみ出しの厳しい選挙ではありましたが、皆様の必死の動きが見事3議席獲得に結実しました。
この間、各派代表者会議、議会運営委員会および理事会、政治倫理委員会、決算委員会に委員を送れず、3月議会での予算審議も無所属として最低の持ち時間、代表質問もできずに悔しい思いをしてきました。
今回、3議席になり市民の声をいままで以上に取り上げることができます。
「リバーフロント計画(特に人道橋)」を見直して・教室にエアコン設置・特養ホームの増設・まちバスを市内全域に走らせ東岡崎への乗り入れ」を公約として訴えてきました。
選挙中にいただいた皆様からの思いを3人で実現するために頑張ります。より一層のお力添えを心からお願い申し上げます。

新免はるか(1期目)

今回、3365票という皆さんのご支持を頂き無事当選させて頂く事が出来ました。
初めての選挙戦。比較対象がないので、街の反応が良くても当選への確実な手応えが分からず、不安な日々でした。言われた事、アドバイスを受けた事はとにかく実践する事を心掛け、それが結果に結び付き今はホッとしています。
私は今回の選挙中、市独自の給付型奨学金制度の復活・拡充を訴えてきました。これを実現させる為これから頑張っていきたいと思います。
またコミュニティバスの拡充で、市内にこまめに走るバスの実現もさせたいです。
これから先輩議員お二人と皆さんに助けて頂きながら日々成長していきたいと思います。
これからも宜しくお願い致します。

鈴木まさ子(6期目)

8年間の悔しかった思いも大きな喜びに変わりました。なによりも会派として議会運営に参加し、議会改革に公の場でものがいえるようになります。不合理な発言制限、少数会派の締め出しなど岡崎市議会の遅れた非民主的な運営を前に進めることができるようになります。 
私は今回「保育士増員して保育園ふやそう」「国民年金でも入れる特別養護老人ホームを」と訴えてきました。
これは、選挙前、そして選挙中にいただいた切実な願いばかりで、みなさんからいただいた言葉そのものです。
 期待以上にがんばってくれた新免はるかさんはじめ、応援していただいたみなさまに応えられる市議団・岡崎市党にしていきたいと思います。

▲ このページの先頭にもどる

  • 日本共産党中央委員会
  • 日本共産党愛知県委員会
  • きまた昭子フェイスブックのページへ
  • 鈴木まさ子フェイスブックのページへ
  • 新免はるかフェイスブックのページへ