活動紹介 − 市政情報

【17.04.02】東岡崎駅周辺整備 北東街区 事業者決定

ビジネスホテル・生鮮扱うコンビニ・カジュアルレストラン、カフェ

2月24日、東岡崎北東街区(6560屐砲某塀个垢詭唄峇覿箸決定しました。
「優先交渉権者」は、競争入札と違い、その時点で事業者が決定するのではなく、今後、出店にあったって詳細を市と協議をしていく優先権を得たということですが、多くの場合、この事業者に最終決定します。
 

選考委員会応募は5事業者

2月21日に行われた選考委員会に応募をしたのは、5事業者。優先交渉権者に決定したのは、「チーム葵」です。

代表企業
・スターツコーポレーショ ン蝓碧楴劼賄豕)
構成企業
・螢◆璽襦Ε▲ぁΕ─次碧楴凖豕 建設コンサ ルタント)
・岡崎信用金庫    
・蟆崎ニューグランド ホテル
・中部スターツ
 (不動産、コンサルタ  ント)
協力企業
スターツ信託

です。得点は89点でした。

次点は つむぐ美来(みらい)で、代表企業小原建設株式会社 構成企業、プラザ観光株式会社、協力企業株式会社クロトで、得点65点でした。

超格安な借地料 

借地期間は50年(一部民間所有地は30年)、借地料は1か月あたり275円/屐A缶明傳僑毅僑悪屬覆里如⊆效藁措入は年間2165万円となりますが、一部民間所有地(1050屐砲亮效藁腺隠横横桔円を支払わかねればならないため、結局年間940万円で2000坪の土地を貸すことになります。

まちのコンシェルジュ機能

事業者の提案では、北東街区を「岡崎の文化を継承し発展させる拠点 新世紀、岡崎の櫓」「東岡崎駅の顔、乙川・市街地の玄関」「駅と川・市街地をつなぐ結節点」という位置付け、大きく二つの機能を導入します。_崎観光の起点となる「まちのコンシェルジュ機能」として約110室のホテル、約200台の駐車場、観光情報発信拠点、レンタサイクル事業。岡崎の“伝統”と“時代感度”の「コネクト(つなぐ)機能」として、カジュアルレストラン・カフェ、岡崎名産と人気飲食店がコラボしたコンセプトレストラン、観光物産や地域に不足する生鮮品を扱うコンビニエンスストア事業ということです。

車の出入り口 心配

日本共産党市議団は、そもそも北東街区には、無理に建物を導入せず、災害時には帰宅困難者が日常的には市民が自由に使える広場として残しておくことを提案していました。
上図のホテル(7階建て)とレストラン(河川敷側)との間に広場があり、その東側に200台の駐車場(有料)が建てられます。
駐車場の出入り口は、北側の岡崎一色線(道幅9m片側一車線)で、普段でも駅への出入り口として渋滞をするところで、す。どう車をさばくかが大きな課題です。
また、7階建てのビジネスホテルは、宿泊客には、よい眺望ですが、殿橋たもとの高層マンションのように、視界を(景観)を遮るものにならないでしょうか。また、高い建物による周辺住居への風害も考慮する必要があります。

太陽の城跡地 ホテル計画撤回を

  太陽の城跡地は平成23年度から民間ホテル誘致を進めてきましたが、いまだに手を挙げたホテル事業者はいません。
一方平成27年に、建築科学生などによって行われたデザインシャレット(空間デザインのワークショップ)で、ホテルは民間で、コンベンション施設は市が作る方が 良いといわれましたが、本当にホテルやコンベンション施設がこれ以上必要でしょうか。
日本共産党市議団は、太陽の城跡地は、次期文化施設の用地として残しておくべきと提案しています。

▲ このページの先頭にもどる

  • 日本共産党中央委員会
  • 日本共産党愛知県委員会
  • きまた昭子フェイスブックのページへ
  • 鈴木まさ子フェイスブックのページへ
  • 新免はるかフェイスブックのページへ