活動紹介 − お知らせ

【17.06.18】平和首長会議加盟の内田市長にヒバクシャ国際署名を求めました

今年も平和行進が岡崎に来ました

  6月2日に平和行進が岡入りしました。今年も市長からのメッセージ(代読)があり、各参加団体からのメッセージと、今年は、岡崎市在住の被爆者の方が折り鶴を、通し行進者に託されました。
実行委員会は、岡崎市に対して、ヒバクシャ国際署名簿への市長の署名、原爆パネルの購入、市主催の戦争展・原爆展などの開催を求めました。

また、6月定例市議会でも、鈴木まさ子市議が市長に対して署名を求めました。
残念ながら、署名はいただけませんでしたが、岡崎市では、2年前から、平和行進の出発式で市長の挨拶をいただき、また昨年から職員の方が、短時間ではありますが、行進に参加をされています。そして、今年の予算で、夏に平和を祈念する懸垂幕を掲げる予算を付けられました。
愛知県内では11市5町1村の17名の市町村長さんが署名をされており、西三河では知立市長さんが署名されています。昨年の原水禁世界大会には内田市長を始め県内13市長町長さんがメッセージを寄せていただきました。内田市長もその思いをぜひ、署名に託していただきたいと求めました。

 

▲ このページの先頭にもどる

  • 日本共産党中央委員会
  • 日本共産党愛知県委員会
  • きまた昭子フェイスブックのページへ
  • 鈴木まさ子フェイスブックのページへ
  • 新免はるかフェイスブックのページへ