活動紹介 − お知らせ

【17.08.05】レッドサラマンダー出動

大分県豪雨災害に伴う緊急消防援助隊派遣

  7月初めにおきた大分県での豪雨災害に、岡崎市に配備されているレッドサラマンダー(全地形型対応車)が初めて出動しました。
レッドサラマンダーは全国に一台しかなく、総務省が、搬送車を含めて9700万円で購入。列島の真ん中で高速利用に便利な岡崎が選ばれ2013年に配備されました。
しかし、維持管理費は岡崎市もちです。車検や修繕費、点検費など、年平均50万円程度、岡崎市の負担となっています。
今回は、岡崎市の消防隊24名と名古屋市の消防職員78名が愛知県隊として派遣されました。
派遣の費用については、職員手当、旅費、修繕費、燃料費、消耗品費など国から支給されます。
「役に立ったのか?」ということが言われていますが、派遣された職員によれば、「ヘリコプターが出動できない大雨時や夜間には、サラマンダーが有効で、今回、県道を北上しながら点在する土砂の堆積状況や電柱の倒壊状況を報告することで、孤立集落を解消するために一般車両が早急に通行できる事に、力を発揮した」とのことです。
また、「実際に孤立集落から5人ほど救出できるための救助品を準備して行きましたが、午後から雨が上がり実際には、時間的に早いヘリが救出することになりました。雨が続いていたり夜間に及べば、サラマンダーで救出していた」とのこと。いずれにしても維持管理費も国に負担をしてほしいところです。

▲ このページの先頭にもどる

  • 日本共産党中央委員会
  • 日本共産党愛知県委員会
  • きまた昭子フェイスブックのページへ
  • 鈴木まさ子フェイスブックのページへ
  • 新免はるかフェイスブックのページへ