活動紹介 − お知らせ

【17.08.13】ワークルールを、身につけよう〜その5〜

働き始めたら「2.労働時間について」

(1)働いた時間は「何分単位」で計算される?
 働いた時間、すなわち「労働時間」とは使用者からの「〇〇をしなさい」という指示に従って労働者が働いている時間のことをいいます。賃金は、この労働時間に対応して発生します。
労働時間は1分単位で計算されます。職場によっては、15分や30分単位で計算され、その「単位未満(例えば14分や29分)は切り捨てられることがありますが、これは違法です。
労働者は一分単位で計算し直した未払い賃金を請求できます。

(2)着替えや片付けは「労働時間」に含まれる?
 使用者の指示は、直接声に出して言われる場合だけでなく、暗黙の了解によってなされることもあります。例えば職場の控え室で制服に着替える時間や閉店の際の片付けも当然、使用者の指示に従って働いているものなので、賃金が発生します。

▲ このページの先頭にもどる

  • 日本共産党中央委員会
  • 日本共産党愛知県委員会
  • きまた昭子フェイスブックのページへ
  • 鈴木まさ子フェイスブックのページへ
  • 新免はるかフェイスブックのページへ