活動紹介 − お知らせ

【17.11.05】 ワークルールを、身につけよう〜その8〜

働き始めたら「3.休憩時間について」

(1)休憩時間とは?
 「休憩時間」とは「労働から離れること」を保障された時間のことです。 つまり、労働者が自分の好きなように過ごせる時間です。休憩時間中は、飲食をしたり、横になったりできます。(外出についても原則自由ですが、許可制をとる会社もあります)労働をしていないので、休憩時間分の賃金は支払われません。
 しかし、休憩と言われた時間中に電話番をさせられたり、お客さんの対応をさせられたりなど、休憩中に働かされる場合、それは休憩時間ではありません。このことは、深夜勤務の場合の仮眠時間も同様です。
 休憩中に待機や作業をした場合、その待機・作業時間分の賃金が支払われなければなりません。賃金を請求するときに備えて、休憩中の作業内容と作業した時間をメモする等して証拠を集めておきましょう。

▲ このページの先頭にもどる

  • 日本共産党中央委員会
  • 日本共産党愛知県委員会
  • きまた昭子フェイスブックのページへ
  • 鈴木まさ子フェイスブックのページへ
  • 新免はるかフェイスブックのページへ