活動紹介 − 市政情報

【18.03.25】2018年度予算 福祉病院委員会関係(市議会議員 鈴木まさ子)

保育園調理員を民間委託に!

保育園の給食業務を委託化するための業者選定の委員会の予算が含まれています。献立や食材調達を市がおこなうので、委託にしてもなんら代わりはないということですが、経費削減であるならば、まさに官製ワーキングプア、安上がり労働者を増やすことです。保育園の業務員が保育園の職員であることによって、一人でも多くのこどもたちに目が行き届くことがあります。給食調理の外部委託化に反対しました。

岡崎墓園、新たに管理料徴収

  これまでは、契約するときに永代使用料をはらえば終世利用ができました。
 平成31年の4月から、10年を超えた墓地については、管理料を徴収する条例が成立しました。
 今後、墓園の造成から管理まで民間委託するための下準備です。
 管理料は
 2型で年間2400円
 8型で年間3300円です。
 受益者負担の立場から、管理料徴収も必要にも思えますが、県内でも豊田市、豊橋市、一宮市、などは管理料を徴収していません。管理料はなしという契約でした。途中からの徴収に党市議団は反対しました。

コミュニティソーシャルワーカー配置

<困難な生活課題の解決に>
地域での課題解決の為にコミュニティソーシャルワーカーを本庁に一人、額田支所に一人、社会福祉協議会に委託して配置されます。家庭が抱える課題を解決するために専門知識をもって相談にのり、地域や行政、警察や学校などさまざまな機関と連携して解決に向かえるコミュニティソーシャルワーカーの存在は重要でさらに増員をすべきです。

<「我が事・丸ごと」とは>
この制度は、国の「我が事・丸ごと」地域共生社会の創生という安倍内閣の方針からできました。隣近所のこまりごとを我が事として、丸ごと地域で解決する仕組みを作れというものです。
 共助自助という名のもとに、行政の責任を地域に転嫁していくもので、本来国が我が事としてやるべきことを丸ごと他人事として地域に押し付けるものです。

<介護も地域に丸投げ?>
介護保険も地域力と言いながら、その受け皿が整備されていないまま、地域で予防介護をする「包括ケアシステム」が動き出しています。地域に福祉の押しつけをすべきではありません。

▲ このページの先頭にもどる

鈴木まさ子 新免はるか 中根よしあき きまた昭子
  • 日本共産党中央委員会
  • 日本共産党愛知県委員会
  • 鈴木まさ子フェイスブックのページへ
  • 新免はるかフェイスブックのページへ