活動紹介 − お知らせ

【18.05.20】県へ!市民の声を!(市議会議員 きまた昭子)

来春!統一地方選挙

来年4月に行われるいっせい地方選挙。愛知県議会議員選挙岡崎市・額田郡(幸田町)投票区(定数5)に、きまた昭子市議会議員を予定候補として擁立することを日本共産党愛知県委員会が発表しました。
 

私の決意

30年間、議会に送っていただき、応援していただいた皆さまに、心から感謝をしています。
今、安倍自民公明政権が国民無視の政治を続ける中で、地方の場から政治を変えていくために日本共産党をどうか大きく伸ばしてください。
私は、30年間、みなさんからいただいた暮らしを守る要求や提案を、議会で取り上げてきました。 
高齢者世帯への配食サービス、保育園の土曜保育、介護保険料や国民健康保険などの負担軽減、小中学校の教室への扇風機の設置など、市民のみなさんとごいっしょに実現させてきました。
こんどはその経験を県政の場で生かし、岡崎市では手の届かなかった県の制度に対する市民の声を届けていきたいと思います。

元参議院議員 八田ひろ子

私がみなさんに県会に送って頂いたのが1998年です。28年間、岡崎市には日本共産党の県会の議席がありません。
過去2回の選挙は候補者を立てることもできずにきましたが、今回は、現職のきまた昭子市議が決意をされたことで、岡崎市の党、後援会あげて県会議員選挙を闘える喜びを感じています。
日本共産党愛知県委員会は、来年のいっせい地方選挙で8議席を目指しています。その一角になんとしてもきまた昭子さんを送り込み、市民の声が届く県政に変えていく!そのために私も力いっぱいがんばります。

▲ このページの先頭にもどる

  • 日本共産党中央委員会
  • 日本共産党愛知県委員会
  • きまた昭子フェイスブックのページへ
  • 鈴木まさ子フェイスブックのページへ
  • 新免はるかフェイスブックのページへ