活動紹介 − お知らせ

【18.11.11】毎年恒例 自治体キャラバン行われる

毎年、自治体に対して要求交渉を行う自治体キャラバンが今年は10月25日、岡崎で行われました。
 40人を超える参加者の中から
「岡崎市は特別養護老人ホームの待機者が多いがなぜか、」
「国民健康保険料が払えず、資格証(10割負担)の発行が多い。本当に悪質なのか。」
「高齢者の肺炎球菌ワクチンを5歳ごとでなく、5年間受けていない人は何歳でも受けれるようにしてほしい。」
「安心して子どもを病院に連れて行けれるよう医療費無料化を18歳までにしてほしい。」
などの意見が出されました。

さまざまな要求実現

自治体キャラバンは今年で40年目を迎えました。長い歴史の中で、子どもの医療費無料制度、高齢者の配食サービス、介護保険の減免制度などを前進させてきました。
 今年も安倍内閣によって社会保障の削減に大ナタが振るわれます。
 国民の運動の力は、それをストップさせ、命を守る政治に切り返させていく大きな力になります。  

▲ このページの先頭にもどる

鈴木まさ子 新免はるか 中根よしあき きまた昭子
  • 日本共産党中央委員会
  • 日本共産党愛知県委員会
  • 鈴木まさ子フェイスブックのページへ
  • 新免はるかフェイスブックのページへ