活動紹介 − お知らせ

【18.12.30】阿知和工業団地計画 市の事業で

現在岡崎市が阿知和地区に計画している阿知和工業団地。準備を市がすすめながら、県の事業にすることを進めていましたが、今後市の事業として進めていくこととなりました。
 その理由は

1.県が進めるよりも事業期間が2年短縮できること。
2.地元や地権者の要望を聞きやすいこと。

 としています。
 予定地には 文化財があります(炭焼き窯跡など)それを調査し、記録を残すことに時間を要します。また、県の企業庁の決まりとして 地権者に対して「開発同意書」「売買同意書」「契約書」と3回の書面契約を必要としますが、市が行う場合は、決まりがなく、最終的な売買契約書が全てとなります。それによって時間が短縮できるというものです。
 現在も花園工業団地への通勤車で、周辺道路が渋滞しています。これについても新阿知和工業団地と花園工業団地を結ぶ道路をつくろとしています。
 総事業費170億円。売却しても約30億円の赤字で、工場奨励金等約20億円を交付すれば50億円の市の持ち出しとなります。税収等でそれは5年でペイできるということですが、順調な売却が出来た場合です
 党市議団は「雇用の機会が増えることなどはあるかもしれないが、大規模に自然を破壊するこの事業には反対。県3回同意に比べて地主さんが意思表示をする場がなく、泣き寝入りがないか心配。」と意見を述べ反対しました。
 

▲ このページの先頭にもどる

鈴木まさ子 新免はるか 中根よしあき きまた昭子
  • 日本共産党中央委員会
  • 日本共産党愛知県委員会
  • 鈴木まさ子フェイスブックのページへ
  • 新免はるかフェイスブックのページへ