活動紹介 − 市政情報

【16.09.18】岡崎市の奨学金制度

岡崎市には現在、貸付奨学金しかありませんが、以前は支給型の奨学金と貸付入学準備金がありました。

◆貸付奨学金
平成14年度から開始。岡崎市の東京学生寮と京都学生寮を廃止する代わりに作られた制度でした。
年額40万円を在学中貸し付けられ、卒業後、在学年数の倍の年数で返済請求(年額20万円)されます。
これは現在も続いており、平成23年度に選考基準の変更されるまでは100人を超える人たちに貸し付けられていましたが、「論文」「成績」が加味されるようになり平成27年度は、56人、予算2240万円となっています。

◆支給奨学金
かなり以前から制度がありましたが、平成23年にリーマンショックによる財政難を理由に打ち切られました。当時は
国公立大学生 月6000円
私立大学生  月8000円
国公立高校生 月3000円
私立高校生  月5000円
でした。
当時の年間予算は約1000万円

◆入学準備金
貸付奨学金と同様平成14年度から開始
入学時に40万円を保護者に無利子で貸付ました。
平成21年度で打ち切りとなりました。

▲ このページの先頭にもどる

  • 日本共産党中央委員会
  • 日本共産党愛知県委員会
  • きまた昭子フェイスブックのページへ
  • 鈴木まさ子フェイスブックのページへ
  • 新免はるかフェイスブックのページへ