活動紹介 − 市政情報

【16.10.30】住民要求実現に全力

街頭宣伝中での声から

きまた議員が六供町で街頭宣伝中に住民のかたから「急傾斜地にはえてきた木を切ってもらえないか」と要望を受けました。
さっそく切ってもらい、住民からは「ありがとう」と喜ばれました。
この場所は、平成13年にも「崖の改修がされず、山の上の石がごろごろ道路に落ちたり、隣接の駐車場の車を傷つけたりしているので何とかして欲しい」という声が上がり、当時きまた議員は、県と現地の検証をしたり、議会で改修計画をただし、実施された箇所です。

参議院選挙活動中での声から

参議院選挙の時に「砂川の中の芦がひどい。底ざらえをしてほしい」という声を受けた後援会員さんが、鈴木まさ子市議に伝言。
鈴木市議は、市の河川課を通じて愛知県維持管理課に話をしたところ、「予算を要望する」と回答がありました。
後日「(距離や箇所は)設計をしてみないとわからないが予算がついた」と報告がありました。
砂川はJR線路上流が市管理、下流が県管理となっていますが、県は大型公共事業には熱心ですが生活環境に密着したしゅんせつや草刈になかなか予算をつけない一例です。

▲ このページの先頭にもどる

  • 日本共産党中央委員会
  • 日本共産党愛知県委員会
  • きまた昭子フェイスブックのページへ
  • 鈴木まさ子フェイスブックのページへ
  • 新免はるかフェイスブックのページへ