活動紹介 − お知らせ

【19.03.03】国保料引き下げ 全国知事会の提案で

4人家族9万3000円下げられる 世論拡げ命を守ろう

「国保料が高すぎる」「子どもにまで均等割りが来るのはキツイ」「滞納をして保険証を取り上げられた」など、高い国保料の問題が全国的な問題となってきました。

保険料はどう決めるの?

保険料は下の表のとおり、
^緡堵駟
介護分
8經高齢者分
の3つにつき、それぞれ一人当たり、一世帯あたり、所得割で計算され´↓の総合計になります。
 

全国知事会で1兆円の国費要求

協会けんぽ並みの保険料に引き下げるために「公費1兆円の負担増」を求めているのは全国知事会です。2014年には政府・与党に要望しました。同様に全国市長会からも国に要望があがっています。

国・県は住民の命守れ!

保険料滞納は保険証取り上げに直結しています。
国民の命と財産を守るのが国の政治の責任です。国と県にしっかり責任を果たしてもらいましょう。

介護認定を受けている方とご家族の方へ 税額控除の利用で節税 

確定申告の時期がやってきました。

「障がい者控除対象者認定書」で、税金の軽減措置を受けることができる場合があります!

 申告する本人または扶養親族の方が障がい者又は特別障がい者に該当する場合、一定金額を所得から控除できる制度があります。
 身体障がい者手帳の交付を受けていない65歳以上の要介護者(12月31日時点での判定)で、障がい者等に準ずる方であると認められると障がい者控除又は特別障がい者控除を受けられる場合があります。
 2017年度は 29件の申請があり、すべて除認定書が発行されました。


申請できる方:
65歳以上で「要介護1」以上の認定を受けている本人、あるいは本人と税法上の扶養・被扶養の関係にある方

申請方法:
印鑑(本人と申請者)、介護保険被保険者証を持参し、市役所福祉会館1階17番窓口(障がい福祉課)まで

 例えば、障害者控除の場合は、所得税で27万円、市県民税で26万円の控除となります。特別障がい者控除の場合は、所得税で40万円、市県民税で30万円です。
※過去5年をさかのぼって認定書発行ができ、税務署で修正申告が可能
問い合わせ:
岡崎市役所障がい福祉課・障がい係23の6867

▲ このページの先頭にもどる

鈴木まさ子 新免はるか 中根よしあき きまた昭子
  • 日本共産党中央委員会
  • 日本共産党愛知県委員会
  • 鈴木まさ子フェイスブックのページへ
  • 新免はるかフェイスブックのページへ