活動紹介 − 議会報告

【18.07.01】コンベンション施設とホテル誘致(市議会議員 鈴木まさ子の一般質問)

【問】
ホテルは民間、コンベンション施設の建設は市、維持管理は民間が行うという方針は決定されたのか
【答】
今の考えではそのとおり。コンベンションというのは、大規模なレセプション等をやれる事業者が対象になるので、コンベンション施設の規模、ホテル事業もビジネスホテルではなく、大きなレセプションができるホテル事業者で決めたい。

【問】
施設規模は
【答】
現在サウンディング(事業者からの意見聴取)を始めた。今から作るコンベンション整備基本計画で具体的に示す

【問】
ホテルの稼働率を80・9%と見込んでいるが理由は?北東街区に予定しているホテルは稼働率に影響ないのか
【答】
全国既存のホテルの実際の稼働率から立地や都市条件などを統計的な手法で算定した。まだ動いていないホテルの稼働率は推計には入っていない。

【問】
稼働率が80%なら来訪者が増える見込みは?
【答】
来訪者がある(増える)ということは言っていない。人口10万人以上の14都市の平均的水準からみて本市はまだ客室数が不足している

【問】
平成28年の時にもホテル誘致の事業手法の検討予算が全額減額された。なぜ事業者から手が上がらなかったのか
【答】
事業を止めたわけではない。当時はホテルとコンベンション機能をあわせて検討する必要があった。(双方民間で考えていたのか)

【問】
コンベンションホールでの300人規模の利用調査をしたら年間70件程度とのこと。結局赤字施設か。
【答】
通常黒字と言い切れるだけの利用日数はないだろう

【問】
赤字でも岡崎市がコンベンションホールを建設する理由は
【答】
ものづくり産業とならんで観光産業をもうひとつの収入の柱にする。それを目指す上でおもてなし施設が必要

【問】
風光明媚な太陽の城跡地の活用について市民に尋ねたことはあるか。
【答】
都市計画を立てるときに周知している。


※意見※
平成27年度に学生が提案したホテルの案の中には、42階建てのものもあった。宿泊する人には絶景でも、市民にとってはお城も花火も見えなくなる景観を阻害するものであり、市民の合意なく採算の不確実なホテルやコンベンション施設を作ることに反対する。

▲ このページの先頭にもどる

  • 日本共産党中央委員会
  • 日本共産党愛知県委員会
  • きまた昭子フェイスブックのページへ
  • 鈴木まさ子フェイスブックのページへ
  • 新免はるかフェイスブックのページへ