活動紹介 − 議会報告

【20.11.22】11月臨時議会「30人学級検討会議他」

30人学級検討会議

30人学級を実施するためのハード面ソフト面の課題等を検討する
30人学級実施検討会議の設置は、全会一致で可決

市長の給与半減の条例・市長の退職金ゼロ円の条例

賛成3人で否決されました。
否決の主な理由は、
・市長の報酬は報酬審議会で決めるもの
・報酬に見合った職責を全うしてもらうことが必要

南公園再整備計画

親子で遊べる屋内遊戯施設や親水施設
グラウンド、テニスコート、市民プールなくなる。

11月6日から始まった「南公園基本計画(案)」に対するパブリックコメント。
 この、再整備計画の中身を見てみると・・・

基本コンセプト「親子が笑顔になれる公園」

現在の施設

遊園地、交通広場、市民プール(夏季のみ)
梅林、芝生広場、西三田ケ入池と遊歩道、テニスコート、運動場

再整備方針

  1.テニスコートの廃止とともに、全天候型(屋根型・屋内)遊戯施設の新規導入
2.運動場を多目的広場とし、より多くの市民の利用を促進
3.交通広場を現在の交通事情に合った交通安全学習が可能な施設にリニューアル
4.プールエリアのシーズンオフ対策として親水広場へ改修(乳幼児でも安全に水に親しめる施設)
5.駐車場容量の拡大と、各駐車場間の移動融通性確保による平準化促進
6.バリアフリー対応と歩行者の移動円滑化対策
7.緑陰レストコーナー等のアメニティ空間の充実
8.利用者へのホスピタリティ向上のための飲食スペースの充実

具体的には

  残す施設
〇梅林と野鳥の森
〇遊園地

導入する施設
〇駐車場
 現在のグラウンドの3分の1を駐車場にして53台増やす

〇浸水広場
 プールではなく、噴水などの水遊び遊具。プールは廃止
〇屋根付き多目的広場
 グラウンドの残り3分の1に屋根を付けて雨でも遊べる広場をつくる

〇交通広場は残すが、現在の交通状況とあわせて大幅リニューアル

〇屋内遊戯施設
 雨天でも屋内で遊べる施設

〇バーキュー広場

〇喫茶店舗など

廃止する施設
〇テニスコート

〇グラウンド

▲ このページの先頭にもどる

鈴木まさ子 中根よしあき きまた昭子
  • 日本共産党中央委員会
  • 日本共産党愛知県委員会
  • 鈴木まさ子フェイスブックのページへ
  • 中根よしあきフェイスブックのページへ