活動紹介 − 市政情報

【20.07.19】岡崎市のコロナ対策予算 単独市費は7%

  岡崎市では、3〜7月の補正予算でコロナ対策として 441億6155万円が計上されました。
その財源の内訳は下の表のとおりです。市費が投じられたのは31億円です
もっとも大きいものは約400億円の定額給付金です。
岡崎市では、財調以外の各種基金を除いても約140億円あります。

安城市では、雇用調整助成金の上乗せや一人親家庭への支援の上乗せなどを独自に実施して、58億円の基金はいま、7 億6千万円まで減らしたとのことです。

今は、災害時です。売上の減った事業者や所得の減った給与所得者、子育て世代、低所得者世帯、医療従事者などの心に寄り添った支援をさらに行うべきです。
第2波第3波に備えた資材の備蓄、コロナの下での災害が起きた時に備え、避難所の整備も必要です。

「岡崎市でももっとできることがある80億(コンベンションホール)あるなら、もっとコロナ対策に」」と声をあげましょう。

 

▲ このページの先頭にもどる

鈴木まさ子 新免はるか 中根よしあき きまた昭子
  • 日本共産党中央委員会
  • 日本共産党愛知県委員会
  • 鈴木まさ子フェイスブックのページへ
  • 新免はるかフェイスブックのページへ