活動紹介 − お知らせ

【23.01.01】2023年は戦争のない年に

知事選・統一地方選挙勝利を

  2023年の干支「癸卯」(みずのと・う)は「これまでの努力が花開き、実り始める」という意味があるそうです。






 岸田内閣は、次の5つを加速しようとしています。
〃崖箸硫誕
原発利用推進の加速化
A税・負担増の加速化
ど郎い硫誕化
ゲ憲国会発議議論の加速化これまでの平和への努力を踏みつけにする道をみとめるわけにはいきません。
 ジェンダー平等など人権の問題では、世界の中で遅れている日本。
 しかし、世界の中で、一番進んでいる、戦争をさせない平和憲法9条を守り続けてきた運動は輝いています。
 その運動の一翼を担ってきた日本共産党。
 新たな年にさらに力強く存在意義を発揮する決意です。
 引き続きのご支援をよろしくお願いいたします。

〜※−〜※−〜※−〜※−〜※−〜※−〜※−〜※−〜※−〜※−〜※−

  日頃のご支援ありがとうございます。
 参院選挙後、引き続き、参議院国対委員長を務めると共に、のべ12年間所属した外交防衛委員会から「ミニ予算委」とも呼ばれている内閣委員会に変わりました。
 これまで以上に様々な課題で皆さんの声をしっかりと届けて実現を迫ります。
 市民のみなさんとの共同を大いに広げ、岸田政権の大軍拡・原発再稼働・社会保障削減という戦後最悪の暴走のストップへ、力を合わせて頑張りぬきます。
昨年は、党創立100周年でした。
 今年は、「なにより命。自由と平和」を不屈に貫いた歴史を引き継ぎ、新しい100年に踏み出す年です。
 愛知県知事選挙、統一地方選挙、中間地方選挙に必ず勝利しましょう。
 今年もよろしくお願いします。

井上さとし 岡崎げんき館の PFI問題を 取り上げる

井上さとし参議院議員は12月13日の内閣委員会のPFI法改正について岡崎のげんき館を例に、問題点を質しました。
 げんき館のプールやスポーツジム等を管理しているシンコースポーツの従業員66名のうち57人が非正規雇用で、政府が言う「構造的賃上げに逆行していることを井上議員は指摘しました。
 また、開館当時、市が行うとしていた親子のプール教室がなくなり、SPC(管理会社)が実施する水泳教室の料金が2年前に1・8倍に跳ね上がったことなどを取り上げ、「企業が利益を上げるために、非営利で福祉増進という公共施設の本来の目的に沿った施設の利用が犠牲にされている」とPFIの問題点を指摘しました。

 

▲ このページの先頭にもどる

鈴木まさ子 中根よしあき きまた昭子
  • 日本共産党中央委員会
  • 日本共産党愛知県委員会
  • 鈴木まさ子フェイスブックのページへ
  • 中根よしあきフェイスブックのページへ