活動紹介 − お知らせ

【24.02.04】こども家庭庁に聞き取り(もとむら伸子ブログより)

  来年度から保育士の配置基準が改善されることが決まりました。
こども家庭庁と総務省から聞き取りを行いました。
各地方自治体で基準を守るように徹底をお願いいたします

【こども家庭庁保育政策課よりの聞き取り】

【Q】4歳児・5歳児の基準を改正するのに118億円は、0・3兆円の約束時に比べ少ないのではないか?
【A】当時、4歳児・5歳児で591億円といっていたが、118億円というのは、国費分で、チーム保育推進加算分を除いた額。〇篶・民間の地方負担分と公立分の地方財政措置も別にある。118億円+チーム保育推進加算分+地方自治体負担分´◆蔽亙財政措置)を合わせるとだいたい591億円に近い数字になる。
※本当かどうかは、地方財政措置の額がはっきりしないので、不明。

【Q】3歳児も基準改正するがその財政措置は?
【A】3歳児は加算をやってきたので、「拡充」としては書かれていない。

【Q】3歳児加算は公立で進まなかった。総務省にたいし、「各自治体に基準を守るように徹底してほしい、と言ったら、こども家庭庁が徹底するべきと言われた。ぜひ徹底してほしい。
【A】いろんな機会をとらえ発信していきたい。

【Q】もしも基準通りにできない保育園があれば、徹底的に分析して、1年後、2年後には、基準が守られるように支援するべき。
【A】分析していきたい。

【総務省からの聞き取り】

【Q】来年度の3歳、4歳、5歳の保育士の配置基準の改善で、財政措置しますね?その額は?
【A】財政措置します。私立・民間については、(こども家庭庁の)国費2分の1、地方自治体2分の1なので、国費にあわせて地方財政措置する。公立分については、運営費として財政措置する。基準財政需要額上どのくらい増えたのか細かくわかるのは、7月ごろか。
(※公立保育園の運営費だけで分けてわかるかどうかは不明?)

【Q】保育士の配置基準の改善がされるので、地方自治体の財政当局に「内かん」で徹底しください。
【A】社会保障に関して「内かん」に書かないといけないことが多いので、保育士の配置基準について書けるかどうか・・・。事業を所管するこども家庭庁が地方自治体に徹底するべき。

【Q】3歳児も基準改正します?
【A】3歳児もですね。こども家庭庁が徹底するべき。
※3歳児の改正も強調していかないといけませんね。

▲ このページの先頭にもどる

鈴木まさ子 中根よしあき
  • 日本共産党中央委員会
  • 日本共産党愛知県委員会
  • 鈴木まさ子フェイスブックのページへ
  • 中根よしあきフェイスブックのページへ